そろそろ本気で終わりが見えてきたので少しでも繋がりを大切にしようと願う性騎士のブログです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



次にやってきたのはカーペットスクールでした。

うん。


そのまんまだねw

中では、小学生?くらいから20歳くらいまでの男女がいて、

机上の勉強というか、実際にカーペットを作っていました。


記憶が確かなら、小学生なのに既に働いて授業料を稼いでカーペット作りを

しているのです。

生地は蚕の繭で、これまでの私の生活では全く縁の無い世界でしたが

必死で働き・学んでいる子供が、カメラが珍しいらしく私たちに話しかけてきて

その澄んだ目に癒され、社会人としてこれから頑張らないとなって気持ちになりました。

本気で生きるってこういう事なんだなぁって。


そして次のホテルへ・・・・

向うのに飛行機に乗った気がするwwww

この8日間?で4,5回は乗ってましたね・・・・。

バスとかじゃ時間掛かりすぎるってw

旅行って大変だ・・・

向こうの人って荒っぽいから、カバンとか放り投げてトラックで運ぶから

初めた買った私の長期旅行用のカバンちゃんは勇敢な姿になっていましたwwww


んで3日目も砂漠へ・・・

気付いた方もいるかもしれませんが、地名とか殆ど覚えていません!!!!

ゴビ砂漠とかサハラ砂漠とか鳥取砂丘とか、なんでもいいのですw

そんな感じの所でした!!!!!

思い出が大事よw!!!


して、その砂漠にはスフィンクスがいました!!!

そう、あの人の顔とライオンの体?を持ったバケモノw

バケモノは無いか・・・神様。守り神?

あの強風と砂嵐の中で見るスフィンクスは今にも動き出しそうでした。

ほんとに神秘ってモンを感じてました。感動屋の私には何かこう、クルものがあったのです。


して、そのスフィンクスの砂漠に長くいました・・・・

なぜかって!?

夜にイベントがあるそうなのです。


そこで、砂漠の夜は冷えるっつうのを忘れてた私たちは後悔します・・・・

マッジで寒いのwww


昼間は曇りだし砂嵐だし・・・

そんなだから冷え込み方がやばいのは・・・・ねww


やがて日が落ちて辺りが暗くなると鼓笛隊がやってきて、

寒い所で苦しんでる私たちをさらにくるしめますwwww

まじでウルサイのwwwwwwww


もちろん、卵たちも寒がっていました。


これは大変だと思い、来ていたジャケットを一人の卵にかけて・・・・

体を寄せて「大丈夫?」なんて。



やろうとしたけど上着なんてそもそも着てきて無いっつううのwwwww

みーんなで凍えていましたwww


そんな中、なんとさっきのスフィンクスが光りだしたのです・・・

顔がwww

クッキリとwww

そして、日本語の大音量録音音声で

砂漠とかピラミッドとかスフィンクスの話が始まります・・・・。


はい。ほっとんど頭に入ってません。


だって寒いんだもんwwwwwwwwwwwwww

唯一覚えてるといえば、ピラミッドのあのデカイ岩の1個1個は

人力で削り運んだ、ということ。


あたりまえだwwwwwwww

何年前の話だよwwwwwwww


とは、言いつつもそれほどまでに王様てのは偉大だったのだなぁと関心もしました。

だって墓だよ?

生きてる時の権力の象徴らしいけど・・・

偉い人の考えは理解できんね。

寒いしwwwwwwwwwwww


この時くらいから不満が溜まっておりました・・・・w


見れども見れども砂の色の世界。

建物も空も遺跡も食べ物すら砂じゃないか・・・・とw



その帰りはバスまで誰も喋ることもなく早歩きした気がします・・・・

そんな中・・・Mはずっとゴチャゴチャ不平不満を垂れてるしwww

SはそんなMに切れだすし・・・


いるのよね・・・

思った不満をすぐに口に出しちゃうやつ・・・・

それが原因が空気が悪くなって、そんな空気をまたゴチャゴチャ言い出す・・・

いっつもそうw

で、Sは毎回Mに説教して・・・

でもMは治らないし・・・・

二人からグチ言われて・・・・

俺も八方美人だからどっちがどう・・・とかも言わないしねw

それでも仲良いから不思議だにょw

エジプト行っても変わらないしwwwwww

って話が逸れたwww


多分、その日の夜に寒かったねぇなんて話しながら卵達とメシ食った気がする。

それが・・・

みんな、反応うっすいのwwwww

つまらないwwww

いくら可愛い子とかでもそれじゃ・・・ねぇ・・・

まぁこっちの話も悪かったかな・・・ま、最初だしね!!!

これからよ!きっと緊張してたんだよw私がwww


で、その夜、3人でだべり終わって電気消して寝る時・・・・

Mが喋りだすのです・・・

「ぜってぇこの旅行中にキスする!」

二人してシカトしてるとどんどん妄想話が膨らんでいく・・・

「ぜってぇオサゲの子俺に気があるよ!」

「あれ・・・下着黒だったよ・・・」

「・・・・そして俺はこう言うんだ・・・・アラビュー!」


ずっとシカトしてても話してるのよねwまぁどうでもいいかw



して、その次の朝。

起きて、窓を開けてタバコに火を付け、灰皿を探すと、灰皿が無いwww

3人とも吸うから「絶対テーブルの上に置いておく」条約が・・・・


私は探した。

必死で探した。

そして・・・・




続きは写真でw





その日は天気も良かった。

もう・・・・死ぬほど暑かったwwwwwwwwwww

でも汗は殆どかかないの。湿度が少ないからかな。


存分に卵の薄着を堪能して、色んな遺跡に侵入するのです。


50mくらいの岩のある採掘現場とか、何か有名ぽかったけどあんまり覚えてましぇんw


して昼過ぎにナイル川をちっちゃい船で渡るのです。


船には船頭が3人?いて、途中、綺麗な笛と太鼓で演奏してくれてツアー参加者全員で

手を繋ぎ船内をぐるぐると回りました。


もう、ノリだけの世界w

手の感触、揺れる船と零れてくる水しぶき・・・笑顔、とある卵の胸の感触。

そして対岸に付く頃、さっぱり落ち着いた船の中で・・・・

なんといきなり私の腕を掴んでくる女性が・・・・・






おいwwwwオバハンwwwwwwwwwww




でも楽しかったからいっかww


で、その晩に私達は出会うのです!

その名も、水タバコ!!


ホテルの部屋に戻って酒飲んで、窓から夜景を見てると、なんと現地案内人のあーちゃんが地上で水タバコを

吸ってるのを見て、急いで駆けつけたのだった。


なんかあやしい機械に水を入れて湿った葉を燃やし、その煙をホースから吸う・・・

という、さっぱりの説明で申し訳ないwww

でもこれがきつくて、ミントとかオレンジとか葉も選べて色んな煙を吸えて最高だった!!!!

当時はマルメンだったから12mgの吸ってたんだけど、体感で5倍はキツイwww

でも幸せだったw

あ、ちなみに合法ねwwwwwwwww(って聞いたけど)


して、そんな私たちを見て卵が寄って来るわけさ・・・

卵達はタバコなんか吸わないけど興味本位で吸い始めて・・・

一つの機械にはホースは一個しか付いてないから・・そう。。。


間接キスだにょ!!


なんて考えるヒマも無いくらい水タバコがうまかった・・・


これは私の主観なんだけど・・・

タバコ吸わない子が、タバコ吸ってゲホゲホしてるの見ると、胸がキュンてする・・・

なんでだろう。。。


で、酔った勢いもあって長時間吸ってたんだけど、

その時は意識が飛び飛びだったwあははw思いっきり吸うのはヤバイみたいw



そして何よりも・・・・

Mはダウンしたんだか何だか、Sと二人で夜の街に繰り出すのです。

そう、誰もが聞いたことあるでしょう、ルクソールの街へ。


ここでは驚愕でした。

スラム街!?みたいな雰囲気・・・だけど、あちこちから甘い香りと

タバコの煙が漂う街。

5,6歳の子供が夜中でも走り回ってるし、怪しい喫茶店が沢山あるし・・・

そんな中、私は知らないエジプシャンに話しかけまくるのです。


別に酔ってたからじゃないからねwww

私は知らない人に話しかけるなんて、恋愛感情さえ持たなければ平気なのですw

Sも中東でHAPPYな事やっちゃってるので、なんかノリノリで・・・



そんな怪しい空気の漂う街w

私は喫茶店の外で水タバコすってるおっちゃんの隣に腰掛け、

ミーヤ!ミーヤ!とか言いながら、身振り手振りで自分のマルメンを2,3本差し出して

水タバコを借りました。。。


片言の英語とジェスチャーとタバコがあれば何でも出来る!!!

おっちゃんも「なんだこいつら・・・」みたいな顔でしたが、やがて愉快なジェスチャーで

会話をし、私はまた近くで普通のタバコを吸ってるオッチャンを見つけ、また隣に座るのですw

そしてまたタバコ交換w

向こうのタバコは・・・うん、あんま口に合わないかな・・・

セッターを苦くしたような・・・ワカバとかに似てた様な。

そしてタバコ売ってる店を教えてもらいクレオパトラというメンソールのタバコを買うのですw

エジプトポンドで若干割高だった気はしますが、んな事ぁどうでもいいもんね。

マルメンライトに似てて吸いやすかったー!

不思議と喉にタールが残るような・・・そんな味でした・・・


んな感じでSと二人でルクソールの夜を満喫するのです。

私にはこれが一番の思い出でした。


なんて、新たにオッチャンに絡んでいると、その裏の店?のおっちゃんに呼ばれるのです。

何かを喋っている・・・・そして近くに寄ってきてSが肩を掴まれるのです。

とても険しい表情で・・・・



私とSは酒が一瞬で抜けました。











次回、まるプト!第3話!



「背後に迫る愛」



君は宇宙を体験する。

絶対見ろよな!

EJPT2_convert_20110120223640.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://marlboroy.blog13.fc2.com/tb.php/212-021df47f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。