まるきらーのコルム日記;2011/ 01の記事一覧

ここでは、まるきらーのコルム日記での 2011年 01月 に掲載した記事を表示しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OHAYOU!


どんな朝だった!?

どんな夢見た!?

2度寝った!?

まるった!?

立った!?

った!?

た!?

!?




とうとう、右手の人差し指も皮が剥けました。。。

中指はバンソウコウ張って血が滲みながらも頑張ってたんだけど

弦が再び血を浴びることに(*ノωノ)


もうそりゃ痛いの何のって。。。


というか、指弾きが上達しません!!!!!!

なんで!?


不器用なのかな・・・

人差し指は早弾き?してもテンポ変わらず弾けるのに

中指はたま~に狂います・・・


なんかセンスを感じられません!


ピック解禁したらもうプロ級に聞こえました故・・・


でも1週間にも満たないからにょう。。。


それに当たり前かもだけどピックより音が小さいし、

繰り返してると音が1つ1つ変わってるような・・・・


ホントにセンスを感じられません・・・!


指を器用に動かせるようになりたいでごわす。

そうしたらアンな事もコンな事も・・・ネ。


詩は・・・もう諦めました・・・

何か、大切な・・・

詩を作る上で大切な何かを私は持ってない気がします^-^


その為、曲の方を考えています!


詩によっても変わっちゃうだろうけど、きっと出来るであろう・・・


簡単で格好よくて目立つベースライン!



・・・


でもプロの人が何でプロなのかは分かった気がします。

先は長いどすぇ。



そいえばコンカツ宣言したけど、何も進展無いどすぇ。

もう熱も冷め切っておりますどすぇ。

またベースと寝る時代に入っておりますぇ。



しかし、部屋でタバコ吸っちゃうから窓が開いてて、それが換気扇まで

どこも閉まってないから寒いのw


指が動かないのはそのせい?



んでもって昨日はバスケの練習試合でした。

土日は仕事のはずじゃって?

営業ナメンナ!


したら、大学の時のバスケ部の人がいてさ!!

私はバスケサークルだったので、たまーに練習試合とかやってもらう・・・

とか社会人バスケで私の大学が対戦相手だったw

って時くらいしか接点無かったんだけど、お互いに気付いて話し込んじゃいましたw


何でも、私の卒業した課が無くなるそうですw

情報課関係なのに・・・何故だろうねw

IT革命は終わったというのか!


しかもそのバスケ部の人、フリーターになってました。

やりたいことが無いから、とりあえずで入社した会社を辞めたんだと。

一応、就職活動してるみたいだけど、光は見えないらしい。


私の卒業した時代も就職氷河期なんて言われてたけど、今はもっとヒドイのだろうね。


バイトとバスケだけの日々・・・




ステキじゃないかwwwwww


でも私にゃ仕事辞めるなんて考えないしな;

仕事も楽しみを見つけたし、ビバ!営業だもんねw


今度会うときは、海賊の高み だにょ!


そんなアナタにこの歌を捧ぐ。



ヒーモヒモヒモヒーモヒモ♪



はぁ=3





指が痛ぇ。寒ぃ。眠ぃ。おやすみぃ。
スポンサーサイト



こばんんは!かな!

たま~に雪が降ったりするようになりましたねー!

今年もあと2回くらいは降りそうね!!


というわけで、ベースを再開しました!

約1ヶ月ぶり!?


しかも!


指弾きに挑戦の巻!なのです!!


何かかっこよくない!?

指で弾いちゃうんだよ!?!?


えへへ・・・・照れるじゃないかーw



とはいかずにね、弦を弾く方の右手の中指がズタボロyになりました;

皮が剥けて(やんH♪

それでも頑張ってたんだけど、血が出てきたのでちっと休憩なの;


弦よ!血で錆びないでね!アンタ高いんだからwwww


最初ギターから楽器始めたからピックに慣れてたんだけど



だからアップテンポでロック・パンク調のアップテンポな曲が好きだったのねw私w


で、指とピックだと音が全然違うから、こう・・・ベースの幅を広げよう!と!

したら全然うまく弾けないの;


爪も深爪気味に切って頑張ったのに~w


でもピックもかっこいいよ!!大丈夫だよ!!


なんかバンドやってるーて気がするしね!


ピックピック・・・


いいよねwピックw


2,3年前に、ライブの時に会社の子にピックプレゼントされて惚れたもんw

100円で惚れちゃうんだもんw

安いあ・ち・し♪


それはそうと、昨日、隣の町の駅前のバスケのゴールあるトコに行ってきたのね。

外用のボール持ってトレーナー&バスパン+サンダルというバスケットメンな格好で!


天気も良かったしね!


で、そこの駅はちっこいから電車から丸見えでさw

仕事上のお客さんに見られてたみたいで今日電話掛かってきたのw

「転んでましたね♪」

うっさーーーーいw

サンダルが悪いw!


でもいいんだ!一人でも楽しいから!

考えると、一人でも楽しめる球技って少なくない!?

サッカー・・・

野球・・・

バレー・・・

卓球?・・・

水球・・・

玉入・・・

お手玉・・・

蹴鞠・・・


ね?


ふん!私は一人だって楽しいんだ!!!!


なんか寂しいヤツじゃないか!?


そんなことないもん!



でさ、


一人でバスケやる時ってみんなどうしてる!?

って、バスケ好きな人じゃないと話にならないか!


私はね、3pラインの外でボールもらって、さぁ1:1だ!

ってのを、妄想で相手DFを生み出して遊んでるの。




なんか寂しいヤツじゃないか!?

そんなことないもん!!


おかげで妄想する力が向上しました!

しかも彼女も出来ました!

さらに給料も上がり、身長も伸びて、肌がツルツルになりました。

さぁ、皆さんもこの水晶玉を買うといいよ!


違うね!


でも妄想って大事だよね!

駅とかで待ち合わせしてても、そこらへんの人見て笑い出せるんだから!


ステキな力だよ!

ステキオブザパワー!


というわけで、我らが会社員バンドはオリジナル曲に取り掛かろう!なんて

なったわけです。


最初の壁は、詩が先か曲が先か・・・


まぁ・・・どっちでもいんじゃね?

ってなったけど、とりあえず詩を先にやってみようとなったのね。


でさw


やばいのw


私だからさ、余裕で何でも出てくると思ったんだけど、

詩書いてて、めっちゃ恥ずかしくなったw

で、照れ隠しで笑い入れようとすると成り立たないしさww

韻踏めばいいってもんでもないだろうしwwww


詩の上手な作り方を知ってる人がいたら教えて頂戴!!


それから私が曲作るとアップテンポ一辺倒ぽいからダメって言われてw

もう悲しいのw


詩で見返してやるんだ!


エジプトで詩作れるかな・・・w

だめだw笑いがwwww


もう何やっても ぷっ♪ ってなっちゃうのwwww



こんな人生だねw


ぷっ♪



何か、私、可愛くないか?


ぷっ♪


あwなんか千秋が浮かんだw

だめだこりゃw


さて、このアパートにはバンソウコウってのが無いのかね?

なんかさ、女の人って何故かバンソウコウとか持ち歩いてるよね。

なんかステキよね!


だから男は走るのが好きなんだね!!




タッタッタッタッタ=3

ドカッ

あいた~

あら、血が出てるじゃない

はい、これで良し

け、結婚しよう



だね。


でもね、こないだ展示場のオバチャンと話してて、

男と女とか言う時代は終わったー!

って説教くらったのwww


私ってば料理とかほっとっっっっっっっっっっっんどしないでしょ?

それを言ったら、

そんなんじゃ幸せな将来は無いよ?

ってww


確かにね・・・

年収がよっぽど高くないと、専業主婦ONLYな奥さんはもらえないよね。。。


今はみんな働いてるしね。。。

これで家事は女の仕事だー!

なんて思ってたら、そりゃ確かに・・・ダメ男だねw


ある程度、手伝いはするけど、必要な時が来たらやるよ!

俺はやれる男なんだー!


ってそんな事言ってると、いざ、その時が来たときにきっと毎日の家事がストレスになるよねw

したら家庭崩壊もいいとこだわさww

朝起きてカーテン開けてメシの用意しながら洗濯機回して布団畳んでメシ食いつつ洗い物して、

掃除して洗濯物を干して、新聞読んで出発・・・?

帰ってきたら洗濯物入れて畳んでメシ作って洗い物して・・・


これに子供いたらどうなるんだwwwwwww



一人だからシャワーだけど、家族だと湯張るよねwww

湯船の掃除!?人数も多ければ掃除の量も増えるだろうし洗濯物もwwww


赤ん坊とかいたら・・・AM3時頃夜泣きしてアパートから外連れ出してドライブして・・・

家に帰ったらまた泣き出して!?



これを全部働いてる奥さんにやらせるの?

無理でしょwwww


でもやってる人も相当多いのでしょうね・・・


時代は変わってるのだから、この変化に乗り遅れたらヤヴァイ事になる!!


なんて考えさせられた私でございました・・・



そんな木曜日の夜。



バンソウコウってコンビニに売ってるかな・・・


ドアを開けると卵が私を待っていた。



そんなわけは無く、エレベーターでロビーに降りる。

すると、人だかりが出来ていて、何かとその中心を見ると変なオッサンが

騒がれている。


日本のオバサマに訪ねると、遺跡発掘とかしてる人で、かなり有名な人らしい!


と、全く興味は無いけど写真だけは撮らせてもらいましたw


ホテルを出ると、ナイル川には街灯や建物の明かりが映りこんでいてそれだけでも

満たされるのです。


そして、異様なまでにナイル川を照らしているのは、でっかいクルーザーでした。

この船の3分の1の3倍くらいデカイのです。


ドキドキしながらクルーザーへ!



海の上で3階建とか4階建とかありえないよねw

船に入ると、「はいはい、こっちこっち」みたいなノリで

案内されました。

2階だったっけかな・・・・忘れたw


階段は使ったのは覚えてるの。


というのも、私はここで紳士になったのです。

一度、席に案内されて男3人並ぶんじゃねぇよって感じで卵の間に入れられ

座ったはいいが、卵も船に興奮してるのか入れ替わり立ち代り動いてて

落ち着かないので私は席を立ったのです。


で、とりあえず屋上へ行ってみたくて階段を探して上の階を目指すのですが

ようやく階段のフロアを見つけた時に・・・


それはそれは。


それはもう富よかな。

いや、すさまじい大きさの女性が階段の降りる所で立ち往生しているのです。

モリクミコさん?いや、そんな生優しい太さじゃない。

とにかくすごいのです。


とりあえず私が行きたいのは上だったのでスルーして上への階段を上がり

そこで、何だか振り返ってしまうのです。


その大きな女性は色黒で優しそうなお方で。

で、その立ち往生してる女性の表情が何だか切なくて、

無意識にその女性の元へ行く私なのです。


そして、その女性に左手を差し伸べ一歩ずつゆっくりと階段を降りたわけなのです。

降りきった所で手を離すと、その女性は笑顔で手を胸に当て会釈をしてくれました。


それはもうドキっとしました。

その女性に・・・もあったけど、何で私がこんな事をしたのか・・・


多分、日本だったらこんなこと出来ないんじゃないだろうか・・・


しかもそれを見ていた周りの何人かも分からない人々から若干の拍手を受けて

何だか照れてしまい、まるスマイルだけ残して早々に階段を上りましたのです。


今考えても、本当になぜそんな行動が取れたのかが謎でございます。

もしかして前世では親子だったり夫婦だったりしたのかもね・・・


と、屋上?甲板?を目指せば良かったのに、何故か大人しく

さっき案内された所に戻りましたw


で、卵の間に座り、アナウンスやら何やら始まって

乾杯になりやしたw


ボーイさんが面白くて、ナプキンでブラジャーを作ったり

私に注いだ酒を、私の手から奪い自分で飲み干すとか

ひたすらにエンタメ提供してくれてました。


そんな中、ゴクリ・・・なベリーダンサーがやってきて・・・

Mを引っ張っていって踊ったり、小さなオジサン踊り子がコントを披露し

そこにSが呼ばれてSも必死のアメリカ式OhNO!ポーズで笑いを取ったり

私は・・・呼ばれず・・・w


ともあれ、豪華?ディナークルーズはその幕を下ろすのです。



で、その帰り道、添乗員のオジサンが良い夜景スポットがあるということで

我等と卵を案内してくれるというのです。


行き先は、・・・なんとかタワーで、エジプトでは一番?高い上れる所で

2,30分掛けて歩いていくわけです。


その道中、一人の卵からOOといい感じじゃない?

みたいな事を言われドギマギしつつ、卵内のグループ勢力図ナドを聞いておりましたw

OOさんはアネゴ肌だったのでそりゃもう生唾ものでwwww

そう言われれば、何かと私に話しかけてくるし、そうだったのかぁ・・・

と、ドキドキ最高潮だったのですが、何を隠そう、

めっちゃ寒かったので、そんなことはどうでもいい感じになっておりました。


タワーに着いても、どこぞの市内の夜景は見事に綺麗なのですが

それ以外は取り立てて面白いものもなく、皆して凍えておりました。。。


そしてこの最後の夜?はこれからが長かったのですw


タワーからの帰り道で、みんなで飲もうという話になり

どんな酒か分からんがとりあえず大量に酒を買って帰り、

添乗員さんの部屋へ集まりまりました。


添乗員さんも最後というわけで、エジプトの裏話や他の国の事とか話してくれて

絶望的な一人一回ダジャレ大会やら始まり、終いには女装大会が始まりました。。。


私たち3人+添乗員さん1人に、卵8人が2人ずつに別れ、それぞれを

美しくしたてあげるというモノで、私はこの時初めて化粧をしましたww


クジで分担を決めて、個室にそれぞれ散り、あらぬ事をされたわけですが

・・・

グロスが気持ち悪いwww

その頃には、かなり酒も進んでいてよく覚えてないのですが

口の周りがベトベトで舐めてもベトベト何してもベトベトww

マユゲも抜かれ、それ抜くならこっちも抜いてくれ、とは言えず

ただひたすらに卵にいじられ、最後には、

顔の油で、ノリが悪すぎる!!と言われ

じゃー顔洗ってくる!

メイク落ちちゃう!!

もうwwwwwwwwwwwww

な感じで頑張ること30分くらい。

目力を強調させた長身のバケモノが誕生。


顔合わせてみれば、添乗員さんが赤い口と青い目が強い顔にw

Sは濃い目のファンデ?で、ブラ付けてばっちりオカマンにw

Mは裸にシャツ一枚で肌蹴させキャリアウーMANにw


あんまり覚えてないけどエジプトに来て初めて大笑いした最後の夜でした。


その後は、部屋に戻り酒に弱い私はそのままベッドに倒れこみオヤスミナサイ☆彡



翌朝はとりあえず外を見ると、車が大混雑w

道路に白線なんか無いし、よく事故おきないな・・・・って思います。。。

その渋滞を見ながらタバコ吸ってると、やがて気球が飛び交い

日本では見れそうにない最後の朝を名残惜しんで見ておりました。


バスの中では卵と普通に話せるようになっており、ちょっとこのまま

時間を戻したい我等御一向なのでした。



最後の日は、博物館へ。

色んな遺跡から発掘されたものや、海の底に沈んでいたもの等を見て、さらにw

有名な、最後の晩餐とか、ミイラとか、ツタンカーメンちゃんを見ておりました。

中にはキリストの磔の絵もあったのですが・・・

ここイスラム教じゃw?とか、

目が合ったものを石に変えてしまうというメデューサの絵もありました!


それをアネゴ肌でない卵が着いてくるので一緒に見て回っておりました・・・


最後に地中海へ行き、地元の子供達と叫び合い空港へ向かう事に・・・。


あーちゃんとのお別れを考えると、すっごく切なくなりましたが

卵がみんな泣いているのでグッと堪えて、いざ日本へ。


ここで・・・・。

エジプトは日本から9時間送れ&17時間のフライト。

つまり、日本に帰ってくるだけで一日以上が経過してしまうのでした・・・


なんかすごく悲しい・・・


最後にみんなで記念撮影して、チラホラと携番交換し、お別れに。


Sは地元の友達が迎えに着ており、Mと二人で電車で栃木へ。

電車はほぼ全て爆睡でしたw

宇都宮に友達に迎えに来てもらい、アパートに着いて荷を解くことなく

昏睡しました・・・・


というのも、すぐ次の日が卒業式だったのですww


以降、3人とも見事に体調を崩し、謎の下痢と格闘し

Sは痔を発動させ、皆で苦しんだけど、本当に楽しい旅行でございました。



卒業式から帰ってくると、ツアーで一緒だったオジサンから集合写真が郵便が

届いており、写真を見て一人、部屋で思い出して泣いておりました。。。


その夜から、最後の博物館で一緒だった卵からメールの嵐が来て

私とその子で、互いのグループの写真を交換することになり

しかも、その卵が東京からわざわざこっちに来るという・・・。


私にも新しいアパートに引越しもあるし、会社から宿題も出てたし、

大学メンバー全員で近場に旅行行こう!なんて話もあったし忙しかったのだけど

若さ故、頑張っちゃうものなのね。


そして来たる、その子と会う日は・・・




まぁ色々あってwそして付き合う事になりw

向こうも医者の卵だし・・・これは逆玉か!??!?!

なんて野望も燃えつつ、恋愛スイッチがONになり、

仕事に恋に大忙しの新社会人生活が始まるのであった。



が、判明したその子は彼氏持ちw

(その彼氏と)別れようと思うの・・・とか色々言われてたけど、

私も仕事が本格的に始まって時間も無くなり、時間無い中でも

互いに睡眠の時間削って、中間の大宮あたりで会うようになり

会っても・・・限られた時間の中だけでの・・・稚拙な愛は、やがて冷めていくのでした。


今は、こう思う。

当時、仕事放り出してでも東京に行っていれば、逆玉だった!


と。


でも、社会人の第一歩目でそんな選択肢は選べ無かったよねww


そして、社会人一年目の夏頃、見事に破局となり・・・・


コルムオンラインに熱を入れだすマルボロyでございました。


EJPT4_convert_20110123060441.jpg


めでたしめでたし♪




[まるプト4]の続きを読む
強面でマッチョで不機嫌そうなオッチャンに引っ張られて店の中に連れてこられた

私とS。


正直に怖かった。

ただ、掴まれてるのはSだけで私は逃げることは出来たが、どうしてSを放っておけよう。


店の中はシルバーアクセサリー屋だった。


ターバンをつけたゴツイ連中もいれば子供もいる。


悪そうな組織?・・・


そんなノリだった。


やがてテーブルみたいなトコに案内され二人で座らせられると

一枚の紙とボールペンが目の前に置かれた。


奥のほうではニヤニヤとターバン男達が笑っているのだ。


必死に周りを見渡して、男達を見る。

これでも田舎出身なので喧嘩の一つや二つは経験してるし、

俺は強いか弱いかと言ったら、多分、強いほうだ。

なんて意味の無い事を考えながら男達を見渡す。


体格、人相、ターバン、人数、地の利・・・

どうやっても良いイメージは見えなくてマジで震えてた。


そこにこれまた怖い感じのオッチャンが出てきて、何やら話しかけてくるのだ。


「*************」


うん。全然分からんw





でも、その店主の表情からは怖いなんて微塵も感じないのだ。

何かを伝えたいような・・・


5歳くらいの子供も近くまで寄ってきている。


聞き取れたのは、笑顔で話す、英語の「まいさん」


あぁ、・・・襲われないなこりゃw


と、安心してSと二人で身振り手振りで会話して、

やっと連れてこられた理由を導き出した。


まる的略
「おい、日本の若者よ。ウチの店は結構良い店だと思うんだ。それにここルクソールは

 日本の観光客も多いし、もっと儲かりたい。だから、お前たちはこの紙に、ココは良い店だと

 日本語で書いてくれ。それを表に張っておくんだ。ちなみにこいつらは俺の兄妹と子供だ」


正直、どこにでもある銀屋だったけど、安堵感とオッチャンの笑顔に免じて喜んでSと二人で書いた。


なんて書いたか忘れちまったw

多分、この店はチョーサイコウだよ!!入ってみて!!!

みたいな感じで書いたと思うw


ルクソールの街中の、沢山の店と、店の前にテーブル・イスが並んでる通りで



OOOOOOOOO■(タバコ屋)
   狭い通り
OOOO●OOOOO
   (銀屋)


こんな感じだったと思うのだけど、行く事があったらチェックだよ!!

私の書道 準6級が火を吹くぜ!!


その後、子供がコーヒー入れて持ってきてくれてタバコ交換して・・・

ホテルのコーヒーなんかよりうまかった気がする。


こんな事があったからSと二人で歩いたルクソールだけは忘れられないのだ。



そんな楽しい夜も終わり、またツアーが始まる。

朝っぱらから飛行機で移動で、砂漠を横切って当時、最も新しい遺跡へ。

この時が一番、暑かった。

顔も腕もジリジリって音がするような暑さ。


遺跡の一角ではカエルみたいな像があって、そのカエルの周囲を3周回ると

願い事が叶うという。何を願ったかなんて忘れたw

とりあえず旅行中?の白人の女性はブラで歩いてたwwww


この遺跡がまた歩かされて、同じ日本出身のおばあちゃんとか可愛そうだった;

当時、私は現役バリバリでバスケやってたのにヘバったからねw


で、遺跡の頂上の休憩所みたいなトコで、その遺跡の説明があーちゃんによりなされた。


ここは覚えている・・・


かなりうろ覚えだけどwww

何でも、ここの王子は非常に背の高い男で、好きだった女性を座って抱きしめていたという・・・


うん。さっぱりにょww

ともあれ、そんなわけであーちゃんの一言で実際にやってみよう!と言うw


そこで、その女性は背が低かったらしく、卵の中のちっこいのが呼ばれ体育座りをさせられ

背の高いBOY!と私が呼ばれ、その卵の後ろに座りギュッ♪としちゃったのであるw


いや、全く触っては無いですがw


めっちゃドキドキしちゃったのを覚えてます。。。ポッ


それを見てSとMに目でからかわれ、自由行動になったとたん置いていかれたwwww

で、二人を追いかけた先には、謎の鉄格子とその奥に通じる不気味な空洞があった。


遺跡の中に入れそうなその穴に向ってSとMは・・・・・・・




何をしたと思う?










二人して鉄格子にケツを付け、オナラwを遺跡内部に入れていたのであるwwwwww


まったくアホな事この上無いww

「おお、響くぜ~」



ほんっとにアホだんねww


それから、その遺跡の門には人の銅像があり、両腕が前に組まれている。

何かのポーズらしいのだが、そんな事はさっぱり忘れているw


その銅像の手の指は何本か曲がったり真直ぐだったりしたのだが、それを見てMは

「これ、加藤鷹じゃね!?」(名前あってるかなw?あと18禁よ)


と言い出し、3人でその銅像の前で加藤鷹の・・・あの指を真似て記念写真を撮った。


バチが当たりそうだにょ。



それから、どっかに移動した先の遺跡には、そこの王と王妃の銅像があった。

多分、クフ王かアレキサンドラ王みたいな名前・・・


前から見ると、王の右手が無い夫婦の銅像。

でも、二人仲良く並んでる銅像で、微笑ましくなるような、そんな表情だった。

そこであーちゃんの説明で、本当に仲のよい夫婦だっと聞かされる。

銅像の後ろを見てみな、と言われ後ろに回ってみると、本当に感動した。

王の腕は、王妃の後ろに手を回していたので腕が無かったのだった。

後ろから見ると、王の手もちゃんと作られていた。

なんか涙が出そうだったよ。


そんなステキな遺跡は夜になるとライトアップされるのだ。

この光がまたステキで、ロマンチックこの上無いのだ。


この頃から卵達から話しかけられるようになった。

あの時、OOを抱きしめちゃえば良かったのにー!

とかw

身の内話なんかをするようになったのだ。


ここで初めて・・・エジプトに来てから5、6日目くらいにwやっとw

初めて卵+3人で写真撮ったりもした。

・・・・・・人魂・・・が移ってたけどね・・・








エジプト最後?の夜。


始めは6泊8日とか長いだろw

とか思っていたけど、いざエジプトに行けばあっという間でした。


最後の夜は、ナイル川で豪華ディナークルーズらしい。



でもメシには期待なんざしちゃいねーw

お茶漬けくいてーwラーメンくいてーw

そんな気分で、いざ正装。



旅のしおりに「正装を持参下さい!」ってあって持ってきたけど、ここで使うのねw

と、まる納得。


今では着れない・・・シャツに腕を通しジャケットを着て、

ホテルの部屋のドアノブに手を掛ける。












次回、まるプト!第4話!



「マジでお疲れw」



さらば愛しのエジプトよ・・・



※次週のまるプトは野球中継が終了し次第、お送り致します。

EJPT3_convert_20110122074802.jpg



次にやってきたのはカーペットスクールでした。

うん。


そのまんまだねw

中では、小学生?くらいから20歳くらいまでの男女がいて、

机上の勉強というか、実際にカーペットを作っていました。


記憶が確かなら、小学生なのに既に働いて授業料を稼いでカーペット作りを

しているのです。

生地は蚕の繭で、これまでの私の生活では全く縁の無い世界でしたが

必死で働き・学んでいる子供が、カメラが珍しいらしく私たちに話しかけてきて

その澄んだ目に癒され、社会人としてこれから頑張らないとなって気持ちになりました。

本気で生きるってこういう事なんだなぁって。


そして次のホテルへ・・・・

向うのに飛行機に乗った気がするwwww

この8日間?で4,5回は乗ってましたね・・・・。

バスとかじゃ時間掛かりすぎるってw

旅行って大変だ・・・

向こうの人って荒っぽいから、カバンとか放り投げてトラックで運ぶから

初めた買った私の長期旅行用のカバンちゃんは勇敢な姿になっていましたwwww


んで3日目も砂漠へ・・・

気付いた方もいるかもしれませんが、地名とか殆ど覚えていません!!!!

ゴビ砂漠とかサハラ砂漠とか鳥取砂丘とか、なんでもいいのですw

そんな感じの所でした!!!!!

思い出が大事よw!!!


して、その砂漠にはスフィンクスがいました!!!

そう、あの人の顔とライオンの体?を持ったバケモノw

バケモノは無いか・・・神様。守り神?

あの強風と砂嵐の中で見るスフィンクスは今にも動き出しそうでした。

ほんとに神秘ってモンを感じてました。感動屋の私には何かこう、クルものがあったのです。


して、そのスフィンクスの砂漠に長くいました・・・・

なぜかって!?

夜にイベントがあるそうなのです。


そこで、砂漠の夜は冷えるっつうのを忘れてた私たちは後悔します・・・・

マッジで寒いのwww


昼間は曇りだし砂嵐だし・・・

そんなだから冷え込み方がやばいのは・・・・ねww


やがて日が落ちて辺りが暗くなると鼓笛隊がやってきて、

寒い所で苦しんでる私たちをさらにくるしめますwwww

まじでウルサイのwwwwwwww


もちろん、卵たちも寒がっていました。


これは大変だと思い、来ていたジャケットを一人の卵にかけて・・・・

体を寄せて「大丈夫?」なんて。



やろうとしたけど上着なんてそもそも着てきて無いっつううのwwwww

みーんなで凍えていましたwww


そんな中、なんとさっきのスフィンクスが光りだしたのです・・・

顔がwww

クッキリとwww

そして、日本語の大音量録音音声で

砂漠とかピラミッドとかスフィンクスの話が始まります・・・・。


はい。ほっとんど頭に入ってません。


だって寒いんだもんwwwwwwwwwwwwww

唯一覚えてるといえば、ピラミッドのあのデカイ岩の1個1個は

人力で削り運んだ、ということ。


あたりまえだwwwwwwww

何年前の話だよwwwwwwww


とは、言いつつもそれほどまでに王様てのは偉大だったのだなぁと関心もしました。

だって墓だよ?

生きてる時の権力の象徴らしいけど・・・

偉い人の考えは理解できんね。

寒いしwwwwwwwwwwww


この時くらいから不満が溜まっておりました・・・・w


見れども見れども砂の色の世界。

建物も空も遺跡も食べ物すら砂じゃないか・・・・とw



その帰りはバスまで誰も喋ることもなく早歩きした気がします・・・・

そんな中・・・Mはずっとゴチャゴチャ不平不満を垂れてるしwww

SはそんなMに切れだすし・・・


いるのよね・・・

思った不満をすぐに口に出しちゃうやつ・・・・

それが原因が空気が悪くなって、そんな空気をまたゴチャゴチャ言い出す・・・

いっつもそうw

で、Sは毎回Mに説教して・・・

でもMは治らないし・・・・

二人からグチ言われて・・・・

俺も八方美人だからどっちがどう・・・とかも言わないしねw

それでも仲良いから不思議だにょw

エジプト行っても変わらないしwwwwww

って話が逸れたwww


多分、その日の夜に寒かったねぇなんて話しながら卵達とメシ食った気がする。

それが・・・

みんな、反応うっすいのwwwww

つまらないwwww

いくら可愛い子とかでもそれじゃ・・・ねぇ・・・

まぁこっちの話も悪かったかな・・・ま、最初だしね!!!

これからよ!きっと緊張してたんだよw私がwww


で、その夜、3人でだべり終わって電気消して寝る時・・・・

Mが喋りだすのです・・・

「ぜってぇこの旅行中にキスする!」

二人してシカトしてるとどんどん妄想話が膨らんでいく・・・

「ぜってぇオサゲの子俺に気があるよ!」

「あれ・・・下着黒だったよ・・・」

「・・・・そして俺はこう言うんだ・・・・アラビュー!」


ずっとシカトしてても話してるのよねwまぁどうでもいいかw



して、その次の朝。

起きて、窓を開けてタバコに火を付け、灰皿を探すと、灰皿が無いwww

3人とも吸うから「絶対テーブルの上に置いておく」条約が・・・・


私は探した。

必死で探した。

そして・・・・




続きは写真でw





その日は天気も良かった。

もう・・・・死ぬほど暑かったwwwwwwwwwww

でも汗は殆どかかないの。湿度が少ないからかな。


存分に卵の薄着を堪能して、色んな遺跡に侵入するのです。


50mくらいの岩のある採掘現場とか、何か有名ぽかったけどあんまり覚えてましぇんw


して昼過ぎにナイル川をちっちゃい船で渡るのです。


船には船頭が3人?いて、途中、綺麗な笛と太鼓で演奏してくれてツアー参加者全員で

手を繋ぎ船内をぐるぐると回りました。


もう、ノリだけの世界w

手の感触、揺れる船と零れてくる水しぶき・・・笑顔、とある卵の胸の感触。

そして対岸に付く頃、さっぱり落ち着いた船の中で・・・・

なんといきなり私の腕を掴んでくる女性が・・・・・






おいwwwwオバハンwwwwwwwwwww




でも楽しかったからいっかww


で、その晩に私達は出会うのです!

その名も、水タバコ!!


ホテルの部屋に戻って酒飲んで、窓から夜景を見てると、なんと現地案内人のあーちゃんが地上で水タバコを

吸ってるのを見て、急いで駆けつけたのだった。


なんかあやしい機械に水を入れて湿った葉を燃やし、その煙をホースから吸う・・・

という、さっぱりの説明で申し訳ないwww

でもこれがきつくて、ミントとかオレンジとか葉も選べて色んな煙を吸えて最高だった!!!!

当時はマルメンだったから12mgの吸ってたんだけど、体感で5倍はキツイwww

でも幸せだったw

あ、ちなみに合法ねwwwwwwwww(って聞いたけど)


して、そんな私たちを見て卵が寄って来るわけさ・・・

卵達はタバコなんか吸わないけど興味本位で吸い始めて・・・

一つの機械にはホースは一個しか付いてないから・・そう。。。


間接キスだにょ!!


なんて考えるヒマも無いくらい水タバコがうまかった・・・


これは私の主観なんだけど・・・

タバコ吸わない子が、タバコ吸ってゲホゲホしてるの見ると、胸がキュンてする・・・

なんでだろう。。。


で、酔った勢いもあって長時間吸ってたんだけど、

その時は意識が飛び飛びだったwあははw思いっきり吸うのはヤバイみたいw



そして何よりも・・・・

Mはダウンしたんだか何だか、Sと二人で夜の街に繰り出すのです。

そう、誰もが聞いたことあるでしょう、ルクソールの街へ。


ここでは驚愕でした。

スラム街!?みたいな雰囲気・・・だけど、あちこちから甘い香りと

タバコの煙が漂う街。

5,6歳の子供が夜中でも走り回ってるし、怪しい喫茶店が沢山あるし・・・

そんな中、私は知らないエジプシャンに話しかけまくるのです。


別に酔ってたからじゃないからねwww

私は知らない人に話しかけるなんて、恋愛感情さえ持たなければ平気なのですw

Sも中東でHAPPYな事やっちゃってるので、なんかノリノリで・・・



そんな怪しい空気の漂う街w

私は喫茶店の外で水タバコすってるおっちゃんの隣に腰掛け、

ミーヤ!ミーヤ!とか言いながら、身振り手振りで自分のマルメンを2,3本差し出して

水タバコを借りました。。。


片言の英語とジェスチャーとタバコがあれば何でも出来る!!!

おっちゃんも「なんだこいつら・・・」みたいな顔でしたが、やがて愉快なジェスチャーで

会話をし、私はまた近くで普通のタバコを吸ってるオッチャンを見つけ、また隣に座るのですw

そしてまたタバコ交換w

向こうのタバコは・・・うん、あんま口に合わないかな・・・

セッターを苦くしたような・・・ワカバとかに似てた様な。

そしてタバコ売ってる店を教えてもらいクレオパトラというメンソールのタバコを買うのですw

エジプトポンドで若干割高だった気はしますが、んな事ぁどうでもいいもんね。

マルメンライトに似てて吸いやすかったー!

不思議と喉にタールが残るような・・・そんな味でした・・・


んな感じでSと二人でルクソールの夜を満喫するのです。

私にはこれが一番の思い出でした。


なんて、新たにオッチャンに絡んでいると、その裏の店?のおっちゃんに呼ばれるのです。

何かを喋っている・・・・そして近くに寄ってきてSが肩を掴まれるのです。

とても険しい表情で・・・・



私とSは酒が一瞬で抜けました。











次回、まるプト!第3話!



「背後に迫る愛」



君は宇宙を体験する。

絶対見ろよな!

EJPT2_convert_20110120223640.jpg
それは2006年2月の事ざます。

大学の卒業を前に、特に仲の良かった友人達と旅行に行こうと

話が出たわけです。はい。


もう5年も前の話になるのですねぇ。




私たちはとある大学の情報課だったのです。

情報課・・・


こうやってパソコンとか使うようなクラスですね!


そのわりに私にパソコンの知識が無いのは何故でしょうか?


そんな学園七不思議はさておき、

2つのクラスで11人くらいのグループだったのです。


今、思えば、地元を離れ単身、別な土地に来たのに、学科も違えば

学年も違うのに友達が一瞬で増えていくのは不思議です。

大学って、すごい所だよね。


とりあえず顔が会ったら挨拶してタバコ吸って

「今日飲まない?」

だった気がします。


入学当初は週に7,8回は飲み会に参加してた気がしますね・・・

金が飛んでくので、おかげで自炊しかメシの選択肢が無かったわけですがw


で、最終的には学科が同じだったんだ!

バスケ経験あるんだ!


が、共通してた仲間でグループになったのですねw

11人はほんと多くてうざかったけどw

でもテストの時とか、講義サボるときとか、互いに強力しあえたしネ!


毎年のテストでTOP5以内に入るという快挙も成し遂げてましたw

レベルの低い大学とか、先輩方の過去問をもらってそこを勉強するだけでいいのだから

・・・最低だねw今思うとwwww


飲めば、バイトすれば、一緒に寝れば、バスケやれば、外を歩けば・・・

過去問が手に入るので、これから大学生になる諸君。

覚えておくといいかもしれないb

テストで高得点を出す、単位を取るには行動力が大事!!てこと!



また、学生に戻って遊びたいなwwwwwwww


は、ともかくw


そんな大学生活の締めくくりに、旅行に行こうとなったわけです。

もちろん11人でなんて考えてませんでしたw

特に仲いいやつ4人で行くハズが・・・

一人が、彼女と旅行とバッチリ重なってしまって


男3人旅に!


さて、そこで悩んだのがどこへ行くか?


国内なんて選択肢は無し!(なんとなく!)

そこで上がったのが中東・北アメリカ・オーストラリア・欧州。


参った参った、全然決まらないw

毎晩ラーメン屋を転々としつつ、行き先を話し合うも

全く決まらないのですw

中東は、HAPPYになれる・・・その・・・ヤバイ感じでw

北アメリカはオーロラを見ようと・・・

オーストラリアはカンガルーと戦おうと・・・

欧州はオサレに・・・・


どこも魅力的でさw


で、ふと出てきたのが、

「将来、所帯を持った時に、行けなさそうな所にいこう!」

つまり、若い男くらいしか行かないような所を探したわけですw


中東は近いから却下。

オーロラは見れなかったら最低なので却下。

オーストラリアはコアラとか乙女チックなので却下。

欧州もオサレなんて却下。


おいおいおいwww

だよねw


そんなときに誰が言い出したかエジプトいかね?


うおぉー!!

なんか、砂っぽくて熱くてメシまずそうで、いかにも

将来の奥さんに却下されそう!!!

なベストなチョイスじゃないか!


となり、エジプトに決まったのですw


急遽JCBさんに行って男3人で?

みたいな目で見られながらもツアー予約して

パスポート申請して来たる当日。


私は気が付いた。


飛行機初めてじゃないかwwww


あの感動は忘れない・・・。

というか今では社員旅行だなんだで感動は忘れたけどwww



で、ツアーは6泊8日!

エジプトなんたらツアー!!!


ナイル川の北の方から南の方まで5つ星ホテルオンリーで行くステキなツアー!


免税店でタバコをカートン買いして心躍るのでした。



一緒に行ったのは

・浪人してるだけあって威張ってるけど基本アホなS

・とりあえずバカで基本アホなM

でした。

うわ、SMかよw

って思ったあなた、だってその通りなのだから仕方が無い。



一路、エジプトへ・・・


これがまた遠いのwwwwwwwwww

飛行機で17時間。

途中で雪山?を見れたり最高ーー!!!!!!!が


最初の感動はどこへやら苦痛な空旅でしたw


17時間てね・・・・一日は24時間しか無いっつうのww

しかも時間が日本より9時間?遅いので17時間経っても実は8時間しか時計は

進まないというw


現地に着いたのは夕方頃だったかな。

エジプトなんたらツアーご一行様の看板でなかなかイケメンなオジサンと会い

ツアーに参加してる人を見渡しました。


いるわいるわオジサン・オバサン、またオバサンw

これはやっちまったなぁwwww

的な感じでSMと顔見合わせてたら、なんと若い女集団を発見w


その年卒業する、とある超有名大学の医者の卵たち!!!!

いきなりMは話しかけていて、それを聞いていたのでしたw


その晩、デカイホテルに連れていかれ3人部屋に・・・・

で、迷わずツッコミを入れる我等。


ベッドが一個、あきらかに簡易ベッドなのでしたwwwwww

こうして毎晩、熾烈なジャンケンが繰り広げられ、初戦は負けを喫し、

高い金だしてエジプトまで来て質素なベッドで眠る私なのです。


でも、5つ星ホテルだけあって、内装はごりっぱw

初めて感じる、外国の夜の風は心地良く、なんだかふいに外に出たくなるのです。


メシの時間は、遠くに座ってる医者の卵をドキドキしながらチラ見してました。

かわいい子がいたんだwこれがww

年も3つ?くらい上でオネエ好きな私にはたまらんシチュエーションでした。


でもメシはまずかったw最悪www

コーヒーも濃いしwwwwwww

マトンとかもう二度と食わねぇ!!!!って思うほどまずいのですw


医者の卵とはすれ違う時に挨拶する程度でしたが、なんだかいい匂いがする・・・

ような気がして・・・


そして、翌日。2日目。

添乗員?ていうのかな?

オッサンの顔が青ざめてて・・・


そう、そのホテルで殺人事件が・・・・


起きたわけではなく、ピラミッドを見に行く日なのに

なんとモンスーンが来ている。との事でした。

なんか社会か何かで習ったよね?

季節風?だっけかな。

その影響で砂嵐wwwwwwwwwwwwwwwwww


窓から外を見ると10m先が砂でまっ白www


もうマスクしてしぶしぶお出かけ。。。。


もうね・・・

ハンパじゃなかったよwwww

卵がいるから、朝から頭洗ってワックスまで使ったのに、一瞬でオシャカww

で、いざバスで出発すると、砂漠に着く頃には収まってましたw

イキな演出をしてくれるわwwww


バスからピラミッドを発見してもう卵は騒ぎ出すわSは驚くは

Mはダルそうだわで、私もはしゃいでましたwww


で、いざバスから降りると、出ました!現地案内人!

名前・・・なんだっけwwww

とりあえず「あーちゃん」てのは覚えてるwwww


20代後半で日本にも何度か来ており、イケメン?で日本語上手なエジプシャン!


なんとか=なんとか=なんとか=アフマド

だったとおもうwww


で、その人から砂漠とかピラミッドとかについて色々聞いて

自由時間に卵と・・・・ゴクリ・・・・



なんて事は一切無く、ピラミッドのデカサとか一個一個の岩の大きさとかに

唖然としてました。

私は身長180cm!なのですが(0.5cmほどサバ読んでるよ!)

その私がピラミッドの前に立つともう、コメ粒ww


時々来る強風と砂に襲われながらも、卵を意識しながら

エジプトの神秘に感動するのでした。

ラクダも見れたし、乗ったしね!!

かーいーんだこれがぁwww

動きも遅いし、大人しい動物ってのが一目で分かるの。


それから現地人にモテましたwwww

私とSがww

Mはなんだかスルーされてて。。。。

身長かな??w

確か、イスラム教で女性はあまり顔を見せられないとかなんだけど、

それで布を被ってるんだけど、めっちゃオープンだし・・・w

しかも大人しいのか?と思いきやテンション高いしwww

Sと二人でいるとキャーって騒がれて布を被った浅黒の女性達に囲まれるのですw

ちょっと有名人になった感じがしましたですw

盗撮されまくった気がする・・・


で、砂漠を歩き回ってなんかピラミッドの裏に地下へ続く階段があってさ・・・



顔を合わせる3人・・・・



といってもロープだらけで入れないんだけどねw


んでもって、悪さとか、イタズラをしようだなんて全く思わないのです。


というのも、現地の警官?は銃を普通に持ってるのですwwww

マジで怖かったww

道路に普通に銃持って立ってて、歩行者がいると咥えタバコになり銃を片手に

車の動きを遮断・・・・


文化の違いの恐ろしさをさっそく見てしまっているからなのです。。。

だから現地案内人のあーちゃんも実は銃を隠し持ってるんじゃないか?

と、ビビル我々でした。


そして、初砂漠・初ピラミッド・初砂嵐・初ラクダ・初銃

色んな体験をして、最初の砂漠を後にするのでした・・・・・・・








次回、まるきらーエジプトに行く、第2話


気になる卵との恋路

現地人とまさかの・・・

夜のルクソール


の3話をお送りします。


でわ、来週もまた見て下さいね♪



ジャンケン・ポン!



ウフフフフフフフ

EJPT1_convert_20110119202326.jpg















       



















                      日





















              出




















                      勤





















む''に''ゃ''~~~~~~~~~!!!!






ね♪

こばーんわ!


まる復活!

大復活!


宴だよ!


もう涙も涸れたさw

泣いたって喜ぶような親父じゃないしね!


誰にでも来る死が来ただけ!


後悔なんてしない!無意味だから!


そう言い聞かせないと生きてられないものね。

どんなに後悔したって取り返しは付かないし、

きっとやれる事全てをやったところで、その後には必ず後悔が来ると思うの。


だって、何かしてあげようと思ったって、もういないんだから。


反省にして何かの 次 に活かすの。


だからそう言い聞かせるの。

うん。


というわけで明日から仕事モードに戻るの。



実家出るときに、線香の受け皿?(器に灰?が溜まってる奴!線香差すトコ!)

に親父のマイセンに火付けて線香の隣に差して親父と一服タイムしてきたんだけど、

何故かマイセンの減り方が異常なまでに早かったのよ。


きっと吸ってたんだね。


それから5日の告別式の朝、AM3:30にじいちゃんトコの目覚ましが鳴ったの。

なんか幕張られてて、絶対に手が届かないような所にあったのに・・・

じいちゃんもばあちゃんも知らん・・・てw

いくらじいちゃん達が早起きだからって3:30なんかに設定なんてしないだろうしw

31日からみんな放心状態で、お客さんの相手してて疲れてるだろうから

親父がみんなを起こしてくれたんだw

「起きろ、おまえら!今日は俺の大事な日だぞー!」ってさw

3:30は早すぎだけどね。。。。


あとは、3日頃、台所のタイマーがいきなり鳴り出したりもしたww

実家でタバコ吸うときは台所の換気扇前と決まっていたので;

で、呼ばれた気がして親父寝てるトコに行ったら、親父の布団が少し斜めになってたの。

妹とじいちゃんが何かやってて花瓶の水溢したーとかドタバタしてたからね。その時布団動いちゃって

几帳面な親父が知らせてくれたのでしょう。


これまでの視点なら、霊現象だ!とかビビってただろうけど、

もう怖いなんて思えないね。


幽霊でも何でもいいから親父とまた話をしたいもの。

母ちゃんもずっとそんな事言ってるしw


49日間は家にいる・・・

っていうけど、ほんとにいるかもね。


というか、親父は墓なんかでじっとしてることは無いでしょうw


これからは俺が親父に代わって、親父の飲み仲間と飲むし、

結婚式にも親父の友達に出てもらわないといけないし、孫も抱いてもらわにゃw

そんな事いってくれる人がいて、ほんとに悲しんでる場合じゃないわさ。


ほんとに親父は幸せ者だ。


俺もそういう付き合いをしていかないとだね。


今まで以上に人に優しく厳しく笑っていかないとね!


俺は27歳。

俺は親父と母ちゃんが27歳で産んだ子供。

親父からしたら俺は親父の半分しか生きてないんだ。

まだまだ子供だ。


親戚連中にも言われてたけど、とうとう家族にも言われるようになった。



結婚しなさいなwwwww


うん。

親父の分まで母ちゃんに孫抱いてもらわにゃならんので母ちゃんが元気な内に孫を!


というわけで婚活だー!!!!


と、その前に久しぶりに家族の手料理をたらふく食ってまるはまるまるになったので

まずはダイエットからー!!!!!!

・・・


は明日からー!!!!!



さて、皆様。

新たなまる物語、始まるよー!!


乗り遅れるな!


俺の2011年、スタートだYO!!!!


時間あったらゲームもするので、その時はちゃんと相手してあげるようにね!!!!!






ね!!

こーんちゃ。


あけおめー!

って感じでは無いのです。












以下、私を愛してない人は読まないでね。消しちゃって~




































親父がとうとう旅立ちました。


2010年12月31日AM7:30でした。


ちょっと早すぎたね・・・。


まさか・・・だったよ。


20日に、体調が最悪になって、入院して。


28日に仕事納めて、親父のとこ行きまくって。

30日にも親父のとこいって。


夜は妹と母ちゃんが病室泊まって私はアパートに戻ったの。


モルヒネが効いてて、25日以降は会話も殆ど出来なかった。

ずっと眠ってる感じ。

時々、苦しそうにして起きて。

目も開くけど、どこを見てるか分からない。

モノも食べれないし水も飲めないし、薬さえ飲めなくて・・・。


あの綺麗好きな親父が風呂にも入れず。


ただ、隣で親子3人で生活するってだけだった。


それでも笑ったりすると起きちゃうから静かな声で。


でも、母ちゃんが棒アイスを出すと、思いっきりかじるの。

子供みたいに、酔っ払った時みたいに。

その時の顔が可愛くて、愛おしくてさ。

アイス食べるときは安心した。


飲み込むのも顎を動かすのも辛そうだったけど安心でした。


俺の声も届かないけど、手を握ったり体を触ったり摩ったり。

気のせいかもしれないけど落ち着いてくれてたみたいで。


だから、30日も母と妹が買い物いくからって留守番してて、親父と二人になって。

ずっと親父は寝てた。いつもは苦しんだりするのに、俺と二人で居る時はずっと静かだった。


いつもそうだったんだ。

母と妹相手にすると子供みたいに可愛くなるのに、俺と話すとまるで他人のようになるの。


もちろん家族だし、それらの愛情は互いに合っての事だけどね。

だけど、高校出て、家を出てからは会話が極端に無くなって、いつも

部屋が汚いとか、つまんねぇ仕事してるな、とかタイヤ交換しろ、とか。

ずっと気に掛けてくれてたんだよね。

うるさいなぁくらいしか思わなかったけど。


だからかな。

俺と二人だと静かなの。

男同士の会話ってのは特に俺達には無かったんだよね。

恥ずかしくて。


だから、二人の時はずっと静かに寝てたんだよね。


で、母達が帰ってきて飯くって時間も遅くなったから俺は帰ったのさ。


その日は夢を見たの。


どんな夢かは分からないけど親父の夢。

それだけは確かに覚えてて。


すると朝、母から電話で親父の調子が悪いって言われて、

いつも俺は言われてから風呂入ったり着替えたりしてから出発するのに

何故か、速攻で病院行ったんだよね。


で、病室に着いたら妹が親父の手握って泣いてるのよ。

母は荷物整理してるし。


親父はボンヤリ天井を見てて、すっごい穏やかな顔でさ。


隣まで行っていつもみたいによっ!って言って。


もう旅立ってたんだよね。

ちょっと理解するまで時間掛かったけど、そっかって腰から落ちたのを覚えてる。


肌もまだ暖かいしさ。


後から聞いたんだけど、俺に電話する時にはもう・・・ね。


だから俺は最後を見てやれなかった。


めっちゃ頑張って一年近く戦ってきたのにね。


母が泣きもせず片付けしてて、滅多に泣かない妹は泣いてて。


俺も30分くらいして涙が出てきた。


そっからはみんなで片付け。


綺麗好きな親父は荷物が多くて大変だった。

動けるはずが無いのにトイレだけはベッドから降りて。どこまで綺麗好きなんだwってね。


苦しんで苦しんで苦しんでさ。


ひとまずはお疲れ様。だね。


霊安室で母が親父の顔を撫でてて、そこで初めて母が泣いたんだよね。


親父はやる事やらないと怒るから。

必死で片付けたくないものを片付けてたんだよね。


体拭くときに、親父の体を横向けるときに、一つの塊みたいな動きでさ。

すっごい死後硬直が早くてさ。

きっと限界なんてとっくに過ぎてたのに、1秒でも長くって頑張ってたんだろうね。


自分に厳しい親父だったから。


12月中旬にも、寒い所では痛みが増すのに無理して実家の2台の車のタイヤ交換とかやってくれて。

ありえないよね。

腕力だってないのにさ。

どこまで強い人なんだろうね。

強すぎるよね。


ゆっくりするって言葉を知らなかったんだよ。

THE・A型で綺麗好きで・・・

俺も同じA型なんだけどな・・・きっと母のBが入ってるんだよねw俺にはw


休みの日も誰より先に起きてカーテン開けて布団干して。

俺がガキの頃に無理言って飼ってもらった死んじゃった犬の散歩も毎日やってくれて。

誰にもグチなんて言わなくて。

・・・・母には言ってたけどね。


親父と飲むなんて病気が発覚にした時に言ったのに、結局

11月の岡山での旅行の時にしか飲めなかった。

お互いに恥ずかしかったんだよね。

親父も飲んでけ~って優しく言うけど、俺はまだ今日はいいやって言って。

こればっかりは後悔してる。

だから、31日の晩は親戚のおっちゃんと二人で親父挟んで飲んだんだ。


最後は苦しまないで眠るように逝ったみたいだから、それは良かった。

でも穏やか過ぎる顔で、今にも起きてきそうなんだよね。

俺にも飲ませろって。

わりいな親父。

向こうでは体なんか気を使わずに、今まで我慢してた分飲んでくれ。

おっちゃんには俺と親父は優しすぎて正面からぶつかれなかったんだなって言われて。

そういうもんだって言われて。


知ってたはずなのに、言わないと分からないって改めて。

死を持って、改めて、親父は教えてくれたんだって。


親父の仲良い4人の兄妹も、辛そうだった。

何より親父の母ちゃんは立てなくなってた。

ボケてるから分からないはずなのに、記憶がその時は戻っちゃったんだね。

親不孝だよ親父よ。


俺も変わらないとなって思うの。


じゃないと夢の中で親父にぶっ飛ばされるもんね。



でも、葬式?とかのシステムってよく出来てるよね。

忙しくて忙しくて悲しむ暇が無い。



と、スーツ取りに来た間のブログ更新でした。

ばーっと書いたから誤字脱字文脈もアホだろうけどw


というわけでメールとか電話くれた方々、ごめんなさい。

5日が告別式で、まだ親父も家にいるから、また実家戻ります。



今まで親父の事心配してくれた方、ありがとうございました。



ちょっとだけ人生休むけど、すぐに元気になって戻ってくるので

待っててね。



ほんとみんな、ありがとね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。